ナルハジカミ~いずも八山椒

sansho8.exblog.jp
ブログトップ

出雲の山椒


 出雲地方と山椒とのかかわり


  日本における山椒の自生地や栽培地は、10世紀の始めには広範囲に広がっていたらしく、

 日本全国の国々が山椒を薬の材料として宮中へ献上していた記録があります。

  ここ島根県出雲地方では、古くは「出雲国風土記」 に 「かわはじかみ」 の名で、健胃整腸

 を促す薬草として使われていた事が記されており、昔の庶民の生活の中にも、山椒の実が穀物

 などと一緒に大切なものとして扱われていました。  その様子は、古代出雲歴史博物館にも

 展示紹介されています。


 神話の国、出雲から全国に山椒を!

 日本を代表する香辛料「山椒」 を、神話の国「出雲」 から我々の手で再び栽培を復活させ、調味料

 や薬用としての可能性を秘めている「山椒」を、ここ雲南市から全国に広めていきたいと考えています。

c0220321_1875615.jpg


                                                   雅(みやび)


  
[PR]
by izumo8sanshou | 2011-09-14 18:16